下北の春 一

0
    春の味覚が出始めていますね。

    道端に停車して、近くを歩いている方の袋の中は黄緑色が透けて見えています。

    バッケ(ふきのとう)を採っているんですが、
    泊ではあまり食べる習慣がありません。

    遠くの親戚に頼まれて
    ふのりやわかめと一緒に宅急便で送ることが多いようです。

    いつの間にかこんなに大きくなっていました。
    ふきのとう

    気持ちの良い春風、と思いきや
    強風警報が流れる中出かけたむつまでの道のりで
    水芭蕉があちこちにひろがっていました。

    ススキやかやの朽ちて倒れた枝ときらきらと光る水面の間に
    白く輝く朴が顔をのぞかせており
    この時期に自動車学校に通ったことを思い出しました。

    水芭蕉




    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック