大黒様の日 豆しとぎ

0
    12月10日は大黒様の日。
    この日は青豆と米粉で、豆しとぎを作ってお供えします。

    新豆の入荷を待って製造を始めます。

    きれいに洗い一晩水に漬けてから、熱湯で煮始めます。
    青臭さが取れたら、豆は硬くてもいいという方もいますが、
    ご年輩のお客様の多い当店では、かなりしっかりと煮ます。

    その後水で冷やしてから、カッターで細・中・荒目と3種類に刻み
    用意した蜜(煮水、砂糖と塩のみ)で混ぜ込んでいきます。

    豆しとぎ

    少し粉が多い配合ですが、生で良し、焼いて良しの
    ちょうど良いあんばいの豆しとぎが出来上がりました。

    豆しとぎ

    豆しとぎ

    だいたいの方は、お供え分の5本ほどを買い求められますが、
    おみやげ用に25本とか、おやつに2日にあげず来店される方もいらっしゃいます。

    かくいう私は、おにぎり代わりに朝1個。
    兄は酒のつまみにもします。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック