巣立ちました

0
    4羽のうち3羽が巣立ちました。
    行動範囲も広いようで日中は姿が見えません。


    とうとう全部の雛が巣立ちました。
    ツバメがいないからと思って、窓を水洗いしたのがよくなかったのかな〜。
    巣に水が染みてしまい、そのせいか
    巣に帰らずに、祭り提灯の電線で眠るようになりました。


    ところでこの子たちは、どこに帰っていくんでしょうね。
    幸せの王子と一緒にいたツバメは、凍え死んだのだから
    南の方なんだろうかとスタッフと話しているんだけど
    誰もわからないようです。

    ということで調べました。
    (そのままにしておくと眠れないたちなので・・)

    日本鳥類保護連盟のホームページより

    Q ツバメはどこからくるの?
    A ツバメは春、繁殖のために日本に戻ってくる夏鳥です。
    秋になると、越冬のために南方へ渡っていきます。
    野鳥に足環をつけ、どこで生活しているのかを調べる標識調査によって
    日本で足輪をつけたツバメがフィリピン、マレーシア、インドネシアなど
    東南アジアの国々で見つかり、これらの国からやってくることがわかりました。
    これから観察記録が増えると、あなたの町のツバメがどこの国の
    何という町から来ているのかわかるかもしれません。

    自然での鳥の長生きの例は次のとおりです。( )は平均寿命。
    ツバメ 3〜16年(1.1年)

    長生きなんですね〜。
    来年もここに戻ってくるのか楽しみです。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック