今年最初の「うに」解禁。

0
    今年初めてのうに解禁日!
    4日は旧暦5月1日。潮位がかなり下がりました。
    朝7時に口開けとなりました。
    水温はかなり低く、あちこちでたき火をしていました。

    今年の磯は、磯焼けという現象がありコンブも少ないようです。
    地元でめっぽうと呼ばれている「チガイソウ」も少なく
    この海藻をつかってうどんを作っている○の工房さんが嘆いておりました。

    そんな中で、朝7時から家族総出でうにをとります。
    201664うに解禁

    201664うに解禁

    浅瀬で「ドンヅギ」という胴付きの長靴を身につけて、
    手探りでうにをとる人たちの中には、うにがいないということで
    早々とあきらめて帰る人もいました。

    新磯は例年好漁のことが多いようですが、昆布が少ないのが一因だとか。
    そんな中でも200本採った猛者が今年もいるそうです。

    潜れるのは1軒から一人と決まっていて、
    その人の能力次第で収入も増減します。

    浜値は1本2500円。
    2−30年来変わっていません。







    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック