遠田恵子のエッセー

0
    遠田恵子で検索されて当ブログを訪れてくださる方がおいでですので
    ついにカテゴリーを作ってしまいました。

    6月22日付のデーリー東北です。
    デーリー東北1

    我が家は今長男が仕事を手伝ってくれていますが、
    感情的になりやすい私に声のボリュームを絞れとか、
    その言い方はまずいよと冷静なアドバイスをしてくれます。

    後は本人が決めることと、親にすれば冷たすぎるんじゃないかと思うようなことも
    さらっと言ってのけられ、後で考えると納得できることが多々ありますね。

    親子だってコミュニケーションの不足が、不測の事態につながる事もあるかもしれない。
    相手を思えばこその言動が、思わぬ重荷に感じられることも。

    転ばぬ先の杖とばかりに、一足飛びに自分の知識や技術を教え込もうとするのは
    本人の考える力を育てないばかりか、押しつけがましさに逆に反発を覚えさせるもの。

    自分を振り返ったらヨークわかっているはずなのに。
    今日も同じことの繰り返しに、日々反省です。

    人との付き合いはつかず離れずがいい。
    親子の関係もきっとそうかも。

    日曜日を5人で担当するそうなので
    恵子は次は5週間後。

    この欄を読んでいまどきの若者の考えなりを知って行こうと思う。

    とまれ、創業93年の秋月堂が100年以降も続くかどうかは
    長男にかかっていること。

    たのむよ!

    コメント
    創業100年ですか…。すごいですね!長男さん頑張って下さいねp(^^)q
    誰かに裏切られても仕事は裏切りませんから!
    重荷に感じる時は「なんくるなぃさぁ〜」って言うと何だか気が楽になりますよ〜。
    恵子さんの私見創見も楽しみにしています。ワンダフル事件あったんですね!
    おじちゃん、手品らしき事!?をしてくれましたね。懐かしく思い出します。奥から足を引きずりながらお店に出てくれるのを。

    別れ際は笑顔で手を振ろう…。
    それが出来なくなる事がありますね。信じていた人に裏切られた時は。

    人生一度きり、楽しく、後悔のないように!ですね。
    • かばちゃん
    • 2014/11/08 11:24 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック